住む家やエリアのアドバイザー~不動SANにオマカセ~

物件探しの方法

物件選びの際は、不動産会社へ行ってみよう

賃貸物件や新築物件の売買には、不動産会社を仲介しましょう。新しい物件や、中古物件でも仲介やあっ旋をおこなってくれます。4月になると物件の、移動や引越しなどが始まります。このチャンスのときに、人気の物件が空き家になるかも知れません。まえから目をつけていた、人気物件の空き室チェックをするときでしょう。不動産会社へ連絡するときは、電話の掛け方や、訪問時間を厳守しましょう。誰しもそうですが、いきなり入居の相談をされるより、誠実な印象をのこすようにしましょう。 それから今探している物件の他にも、他社の物件との競合があることを伝えます。これも一つの手段ですが、些少の値引きの交渉でも、競合があると値引きをしてくれるチャンスなのです。

長ければ数年から十年単位の住まい探し

実際に物件のなかを、見せてもらう時など、不具合箇所などをメモしてみましょう。何件かまわって、入居物件を決めるのは、当たり前のことです。しかし床や扉などの、細かいチェックも、数件かさなると記憶が曖昧になるでしょう。そういう時こそ、メモを残すことで、自分の冷静さを保てます。それから数年経って、落ち着いた頃に、傷や損傷が気になってしまうこともあります。後々のことを考えても、不動産探しをしているときは、真剣な行動をとりましょう。現代では防犯や防災の意識が、高まってきています。これから先、長ければ十年単位での、住居となるなら真剣にもなるでしょう。もし不動産探しが、はじめてなら、経験豊富な人に付き添いを頼んでもよいでしょう。