即日でカードローンを利用したいなら|無人契約機を利用すべし

残債額が減るかもしれない

貯金箱

マイナス金利の恩恵

マイナス金利が導入されたおかげで、住宅ローンの借り換えで返済額を大きく減らすことが可能になりました。フラット35は公的な住宅ローンだから借り換えは不可という考えや、長期固定金利で契約しているので借り換えが不可という考えの人が多いのですが、双方借り換えできます。もちろん同じ金融機関で借り換えすることはできませんが、他行で用意しているフラット35であれば可能です。同じフラット35にするメリットとしては、金利上昇リスクを避けられるという点や、金利が下がるだけでリスクがない点が挙げられます。注意点は借り換えの際に発生する諸費用ですが、払っても結果的にお得になる場合が少なくありません。なお、かかる諸費用は手数料と保証料、団信保険料です。さらに印紙税や登録免許税、司法書士手数料もかかります。借り換えの際にかかる手数料は、融資額の1%以下だと安い部類に入ります。フラット35は300社以上の金融機関で取り扱っており、それぞれ金利や手数料が違うので、よく比較すると良いです。発生する諸費用を考慮して、借り換え後の住宅ローンの総支払額と現在の住宅ローンの残債顎を比べてみてください。借り換え先の諸費用や当初金利、固定期間終了後の金利を調べれば、ネット上でシュミレーションできます。それで総支払額が減るようであれば、借り換えにメリットがあるということです。ただ、自分でするのは大変かもしれないので、ファイナンシャルプランナーなどに相談するのも一つの方法です。