即日でカードローンを利用したいなら|無人契約機を利用すべし

自営業対象の金融商品です

電卓

必要書類が多めです

自営業者の方が大口のローンを組む場合、商工ローンといった商品を利用することになります。商工ローンは金融機関によっては取扱いがない場合もあるので、事前に下調べをしておくことをおすすめします。基本的に銀行や信販会社や消費者金融に申し込みされる方が多いと言えますが、どの金融機関でも、サラリーマンといったお勤め人とは違い、必要書類が多めになると言えます。まず運転免許証と健康保険証が必要になります。両方ともお持ちであればどちらも提出することになります。その他に確定申告書、損益計算書、所得証明書といった書類が必要になります。確定申告をマイナスで申告している場合、銀行では申し込みが出来ないこともありますが、消費者金融では可能となっています。消費者金融では、申告しているという行為の確認が取れれば良いため、マイナス申告をされている方は消費者金融へ申し込みされると良いでしょう。基本的には以上の書類を用意すれば問題ありませんが、審査内容によってはさらに必要書類が増える可能性があります。例えば会社の営業実態が曖昧な場合、取引先との明細書が必要になることもありますし、個人商店などで自宅と会社の場所が同じ場合、電話回線の名義を調べるために、電話の料金明細書が必要なこともあります。この場合、地図上に会社名で記載されていれば問題ありませんが、電話名義も地図上も個人名の場合、取引先や近隣の方に電話をして、営業の実態を確認することもあります。このように商工ローンを申し込みする場合、一般的なローンとは違い必要書類が多くなります。商工ローンの申し込みを検討されている場合、スムーズに審査に入るためにも事前に必要書類の準備をしておくと良いでしょう。