住む家やエリアのアドバイザー~不動SANにオマカセ~

不動産の売却

少子高齢化社会の昨今、不動産を相続する可能性は高いと考えられる

少子高齢化が一段と進む昨今、土地や住宅を相続する人が増える可能性も考えられます。かつて、兄弟や姉妹の多かった時代では、長男や長女でなければ、土地や住宅を相続する機会も少なかったでしょう。ただ、一人っ子が珍しくもない現代では、親の居住していた自宅を引き継ぐ場合のほか、遠い親戚から相続する機会に遭遇する可能性もないとは言い切れません。 その場合、引き継いだは良いものの、所在地からの住まいが遠方であるため、売却という方法を選択せざるを得ないという人もいるでしょう。もっとも、不動産の売却など、そう経験するものではありません。誰であれ、戸惑うはずです。そして、実際に、売却する段階では、業者に依頼することとなるはずです。

土地や家屋の売却にかかる費用とは

ただ、業者に全てを任せて安心せず、事前に必要事項を調べておくことも必要です。とりわけ、売価の際にかかる費用に関しては、しっかりと理解することが重要です。実際、不動産の売価には、様々な費用がかかるので、そための資金を事前に準備しておく必要があります。例えば、不動産会社に支払う仲介手数料、不動産売買契約書の印紙税、土地を実測して引き渡す場合に必要となり測量費用などが挙げられます。また、売却によって利益が発生した場合には、譲渡所得税の課税対象となることも念頭に入れておく必要があります。このほか、相続した場合では、無関係かもしれませんが、購入した不動産の売却の場合、住宅ローンの返済が残っている可能性も考えられます。その場合、残債の返済のほか、抵当権抹消のための費用も必要となります。